2010年 04月 02日

春向けセレクション

ここのところ事務所に籠もって作業が多く、iTunesの使い勝手が思いのほかよいので、久々に音楽ばかり聞いています。

先日の吹雪と打って変わって、今日は雲一つない晴天に春の陽射し。半月遅れの啓蟄(けいちつ)って感じです。
というわけで、春になると必ず聴きたくなるCDを引っ張り出してみました。

a0011442_1432317.jpgQUEEN [Jazz]

雪国の人間としては、春のよろこびの一つは「自転車に乗れる」ということ。
雪が消えてアスファルトが見え始めると、短靴(←※非・冬靴の意)と自転車で埃っぽい道を走れる予感に躍る心。
というワクワク感が自転車モチーフそのまんまで密封されてるアルバム。
(っていうか、高校生のころ毎日自転車通学で聴いてたので条件反射で。)

a0011442_14315167.jpgXTC [Oranges and Lemons]

これは春というより、5月後半の「あ!今日から初夏が始まった!」という日に、車の窓全開にして河っぺりを走りながら聴くというのがここ10年以上の儀式。(ブラッドベリっぽい?)
20年経っても鮮度が落ちない奇跡のアルバム。恐るべしXTC!

Buffalo Daughter [Pshychic]a0011442_14415477.jpg

文句なく最高に気持ちいい〜!
捨て曲なし。
ああ今年はライブで観たい。


春の音楽のキーワードは「疾走感」と「スカッと感」ですね。

みなさん、よい春を!
[PR]

by chiori66 | 2010-04-02 14:43 | 今日の1枚


<< 万年成長期?      偽ポロン >>