責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 25日

ぷるるんな食べ物はある意味人類の進化の証かもしれないプリン

a0011442_2253232.jpg

先日より歯の矯正を始めたため、ものがうまく食べられない。
まめに歯みがきをしなければならず、繊維質やつぶつぶものは引っかかるので面倒くさい。
大好きなナッツ類は、口の中で粉砕されるともうクラスター爆弾のように大変なので自粛中。クッキーも。イチゴも。

そうなるとやっぱりトロトロとか、つるりんとか、そういう食感のものがよくなってくる。

という長い前置きから、冷蔵庫の材料でぷるるんプリンを作ってみた。

土鍋の余熱で蒸すというレシピ。
あり得ないくらい手抜きなプロセスにもかかわらず、プッチンプリン並みのぷるぷる感!
顎退化必至。これは感動、おすすめです。





ぷるぷるプリン(本来は120ccの容器8個分)

1)牛乳500ccを沸騰させる。(本当はバニラビーンズを入れるらしいけど、ないから入れない)
2)卵3個に砂糖100g(もっと減らしてもいいかも)を混ぜて、1)を熱いまま投入。
3)ザルで漉した後、耐熱ガラスか陶器の容器に分けて、アルミホイルでそれぞれ覆う。

4)土鍋に蒸し器かお皿など(要は底上げ用)を入れて、3)の容器を並べる。
5)別に沸かしておいたお湯を、容器の1/3くらいまで入れる。
6)そのまま強火にかけ沸騰したら火を止めて、土鍋に蓋をして30分放置
7)取り出して、粗熱とれたら冷蔵庫で冷やす→完成

カラメルソースを適当に作ってかける。容器の底にあらかじめ入れておいてもよい。

実質調理時間5分×加熱5分くらいです。
原典は「danchu」卵特集。
分量1/3にして作れば卵1個と牛乳1杯でOK。目からうろこの優秀レシピでした。
[PR]

by chiori66 | 2010-04-25 23:28 | 製菓部


<< 燃やす!      神様のメンテナンス問題 >>