2004年 10月 20日

もうやめてほしいですよ。

って言ってた。ニュースで。九州のひとが。

台風、すごいねぇ。今年10個目の上陸とか。
それなのに今日は札幌はそんな気配もないような小春日和。
北海道に上陸して暴れた時にはかなり驚いたけど、それかそれ以上の台風がいつも通過している四国や九州はほんと大変なことです。



毎年毎年、屋根が飛ぶ地域。大雨が降るたび公民館に避難する集落。
強風の猛威にさらされながらしっかり地に根を張って倒れない屋久杉、とか。
なんだか、厳しさというかドスの効き方がやわな北海道あたりなんかとは違います。
どうして毎年そんな目にあいながらもそんな所なのに住んでしまう?って一瞬思うけど、
考えてみれば
どうしてそんな寒い豪雪地帯にわざわざ住む?っていうのといっしょか。愚問でした。

とりあえず台風の時には外に出ないこと。みんな自分は死なないと思っているんだろうけど、
「なぜ今そんなところに出かけるの!」という人(それもだいたい70才以上)が被害にあってます。皆さん、下手したら自分も死ぬかも、くらいの用心でおねがいします。
温暖化のせいで、将来的に台風は数は少なくなるけどかわりに強力になる、とのことです。恐い。
(このブログもこれで台風話題は3回目。もう、ちょっと笑いにできないくらい深刻になってきました…)

土砂崩れで家ごと埋まって亡くなった24才のお嬢さんの冥福を心からお祈りいたします。
[PR]

by chiori66 | 2004-10-20 20:00 | つれづれ日々の泡


<< 座右の銘(その2)      わりとどうでもいいことだが >>