2011年 09月 12日

第6回「いらっしゃいませこんにちはの謎」

突然ですが、訳あってフロッピーディスクの整理を始めました。
Macを使い始めた1995年からこっちの、本人さえ忘れているイロイロモロモロ。
もうとっくにお陀仏かと思ったデータの数々が、魔法のようによみがえって、びっくりしたり感動したり呆れたり。

そんな中、昔書いた原稿が出てきました。

今から12〜13年前、札幌の「ステガイ」というタウン誌で2本の連載コラムを担当していました。
1つは、「C級グルメ研究会がゆく!」というイラストつきのグルメ(?)記事。
そしてもう1つが、このブログ名である「責任者を出せィ!」。両方とも相当くだらない内容でした。

復元したデータがほとんど判読不明な中、これは読めたので謹んで転載させていただきます。
自分でも感心するけど、ほんと成長がないわ!








<第6回 いらっしゃいませこんにちはの謎>

 実にどうでもいいことなのだが、近年ものすご〜く気になるものがある。

 「いらっしゃいませ、こんにちは〜!」ファミレスやコンビニの店員さんのあいさつの仕方。
あれ、変じゃないですか?
店に入るやいなや店員さんに妙に元気にそう言われたら、みなさんはどう反応するのだろうか。私はなんとも腑に落ちない、やりきれない気分になります。

 だいたい「いらっしゃいませ、こんにちは」ってどういう日本語なの?
「いらっしゃいませ」と「こんにちは」はそれぞれ個別に挨拶のことばである。それをダブルで。それならば「おやすみなさい、いってきます」も「あけましておめでとう、ごくろうさん」もOKなのか?
 この二段重ねが許されるのは私が思いだす限り、淀川さんの「ごきげんよう、さようなら」くらいなものである。
 歓迎もあいさつもしたい、その気持ちはわかるけど、いっぺんに言うのはちとやりすぎではないか。

本来「いらっしゃいませ+こんにちは」だったのが「いらっしゃいませこんにちは!」と一体化している点も気に入らない。

 なにしろ、だしぬけにあれを言われると、著しくこっちのテンポが狂ってしまうのである。
「いらっしゃいませ」はいいとして、「こんにちは」と言われれば無視するわけにはいきますまい。

 おそらく挨拶してきた店員本人ですら、客の反応を期待してなんかはいないだろうが、お人よしな私なんかはついつい「あ、こんにちは〜」と返事をしてしまうのだ。しかし、誰も聞いてなんかいない。
コンビニのなかにマヌケに響く私の「こんにちは〜」は、カップラーメンの棚や、おでんの保温器のかげに空しく吸い込まれていくのだった…。
おまえが先に挨拶してきたんだからちゃんと聞けっ、そこの茶髪高校生!

 「いらっしゃいませ〜!」だけなら「客と店員」というはっきりした役割分担があるわけだから、客はやや横柄に「ウム。」とかなんとかつぶやいて買物という目的を達成すればよろしいのである。つまり双方ビジネスライクな関係。
「こんにちは〜!」であれば、これはむしろ店員と客という関係を越えた「人と人のこころのふれあい」的(表向き)なニュアンスが出てくるわけではないですか。当然「こんにちは〜」と言われればこちらも「こんにちは〜」となるわけです。

 だがしかし「いらっしゃいませこんにちは〜!」は曲者なのだ。
前段の「いらっしゃいませ」部分で客商売としての礼儀をきっちり押さえておきながら、「こんにちは」でフレンドリーな親近感を表現しようとするのである。
しかし私と店員がフレンドになることはまずあり得ない。これは「○○と申しますが…」と友人を装って電話してくる勧誘に似ていないこともない。
「いらっしゃいませこんにちは」の「せ」と「こ」の間で瞬時に、商売と人間味のスイッチングがなされているのである。あざとい。

 全国共通なところをみると、おそらく店員の接客マニュアルかなんかに書かれているのだろう。
マニュアル通りといえば、いつの頃からか普及しだしたスーパーやらファーストフードの店員のお辞儀。レジ打ちがおわるとすかさずみぞおちのちょっと下あたりで両手を重ねてぺこっとやるあの仕草。あれもかなり変だ。
バッターボックスにおけるPL学園の学生のようでもあり、腹痛を耐えてしゃがみ込む寸前のようでもある。
突然あれをやられると、毎度のことだが「だ、大丈夫ですか?!」とお人よしの私は、思わず一瞬心配になってしまうのだ。

 要するにあいさつもお辞儀も、フレンドリー感やキチンとしてる感を演出しようとしているにもかかわらず、すっかり形骸化しちゃって全然心こもってないのである。
それならいっそ省略してくれる方が気が楽だわ、お人よしとしては。
どうせやるなら最後も「ありがとうございましたさようなら〜!」で筋を通してくれないと。
(でも「まいどおおきにほなさいなら〜!」だったら結構許せる気がするのはなぜなんだだろう…。)

 ま、実にどうでもいいことなんですけどね。
[PR]

by chiori66 | 2011-09-12 23:21


<< 芸術の森クラフトマーケット@大...      ちょっとした統計について。 >>