2004年 12月 17日

当たりまくり。

a0011442_381455.jpg
今朝、何気なく外を見ていたら、知らないワンボックスカーがゆっくりと事務所の前を通過。
あれよあれよという間に、私の車にぶつかってそのままゆっくり走り去って行った。
見ればバンパーと左のランプがパキンと。
すわ、当て逃げか?!



とっさに外へ出て追いかける私。ゆっくりと逃げ去る車、止まる気配なし。a0011442_242045.jpg
30mほど走ったところで、角の雪山に突っ込んでようやく止まる。
おかしい…。何か変だ。ひょっとして運転手は脳溢血とか?ヤバイ!
バッと車のドアを開けてみると、ありゃー?人が乗ってないよ、この車。一体どうなってるの??
何気なく後部座席に目をやると、生後どう見ても0才な赤ちゃんがすやすや眠っているではないか。雪山に突っ込んでなければ、交差点侵入で走行車と激突してたかも…。ゆるせん!親はどこでい!責任者出てこい!!

振向いたら通り沿いにみんながこっちを見ていた。どうやら赤ちゃんの母さん(=運転手)もいた。若いお母さん、呆然自失で駆け寄る。どうやらパーキングギアをドライブに入れ間違えて、そのまま車を離れた模様。
結果、双方無人の車による世にも珍しい事故とあいなる。

近所の警察に事故証明もらいに行ったら、お母さん涙ぐんじゃって、結局私とおまわりさんでなぐさめる羽目に。なんだかなー?スイマセン、一応私が被害者なんですけど…。

今年は当たり年。いや、当たられ年。これで今年すでに3回目。この車4年目で保険屋さんのお世話になるのすでに5回目。なぜか幸いにも私が車に乗っていないときばかり。なんせ買った次の週にガガガと接触されて板金屋さんのお世話になった車ですからねぇ、今さらショックも受けません。この勢いで宝くじ買えば絶対当たる!と周辺の声。ほんとに買っちゃおうか。

教訓:車を停めたら、サイドブレーキ指差し確認。
[PR]

by chiori66 | 2004-12-17 03:02 | つれづれ日々の泡


<< 使用上の注意      淋しい女は太る >>