2005年 04月 20日

娑婆の空気。

a0011442_1952473.jpgただいまー。長らく留守にしてましたが、戻って来ましたー。

まだ展覧会の残務整理、山積みなんだけど。
事務所の中が強盗押し入り状態なんだけど。→
展覧会ブログのアップし残しもいっぱいあるんだけど。

ひさびさに「普通な」日を過ごしました。




朝からお客さんの所へ納品に。展覧会で気に入って買って下さったうちのマダムのお知り合い。
円山まで札幌を横断ドライブ。音楽かけて。びゅーん。キモチイイー。
もう窓を開けられるくらい春なのね。ひと月前はまだかなり冬だったから。

赤帽のおじさんと迷いに迷って到着。
実は、自分のデザインしたものが実際にお客さんのおうちに設置される瞬間を、初めて見ました。

ちょっとカンドー。
ああ、実際の生活ってこういうことなんだなぁ。
いろいろ。

買った方がとても喜んでくれていて、「そうか、こういう夢を与える仕事なのだな、デザインってのは」と改めて思いました。まる。

ピピンでお昼食べて(キャベツの入ったおうどん)、そのまま打ち合わせに行く。
イラスト原稿を書いている広報誌の編集会議。
会議。久々だ。ほんと。で、テンポがつかめない。
そうそう、そうでした。取材とかアポとかスケジュール調整とか、忘れていたオトナ語の数々。

展覧会場に戻って、超スピードで残りの荷物の片づけ。車に積めるだけ積む。
もうどうやっても載りましぇ〜ん、なくらいにぎゅうぎゅう。
にもかかわらず、まだちょっと残っている。後でやる。

夕方、知り合いの講演があって見に行く。ネット中継だった。変な感じ。でも面白かった。

展覧会場に戻る途中、できたばかりのPARCO新館を覗く。そうだよ、ルンルン色を仕入れないと!
1〜2FにスペインのZARAという大手アパレルがどーんと。
このフェミニンさ、ヨーロッパっぽい。バカンスに気合い入れちゃうようなリゾート感とか。なつかしい。
手長デカ女な私にはサイズぴったりであるが、嫌いじゃないけど買うものなし。とぼとぼ。

会場にて猛然と掃除。一部を残し、荷物を全部もって退場。スッカラカン。
長らくお世話になりました!

遊牧民の引っ越しかと見まがうほどの荷物を背負った車、重し。
家に帰って、またうどん食べる。お風呂入って、メール書いて、寝る。

普通だ。
普通の生活って、ゆるい。
過去ひと月の、かなり目的のピンポイント集中な日々に比べると、日常生活というのがいかに断片の集まりでできているのか、改めて知りました。
でもこれくらいのゆるさのだから日常を毎日やっていけるんだよね、きっと。
[PR]

by chiori66 | 2005-04-20 19:45 | つれづれ日々の泡


<< ニキビレスの奇跡      テレビ、見る。 >>