責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 24日

春の陽気でした。

こっそりお忍びで短期集中蒸発、のつもりでしたが、ああ、教えたくてたまらないものに出会っちゃったので自白。




仕事っぽいのは圧縮で終わらせて、昼間は多摩川沿いでわが心のマドンナ・お絵描き少女ラッキーちゃんこと福士朋子嬢の展覧会を鑑賞。
本来はバリバリシリアスな絵を描く方なのですが、私と同種のかほりと分裂→葛藤→解放感を感じました。いやちがった。本来まんがも描く人なんですよ!…みたいな。
多摩川って初めて行ったけど、のんびりしててなかなか良ございました。思わず「名物・鮎焼き」(鯛焼きみたいなやつ)なぞ買ってしまいました。

ちょっとがっかりすることがあって、その流れでたまたまふらふら入った正面にて、ばったり建築家・谷口吉生氏の展覧会をやっていた。ニューヨーク近代美術館の巡回展。呼ばれていたとしか思えない偶然。予定変更で即、in。(がっかりよ、ありがとう!)

展示自体にクラクラしちゃうような端正さと高揚感あり(ま、極めて静的ですけど)。ううむ。
MOMAで使用した建材のサンプルに、涎を垂らさんばかりにうっとり。それ見ているだけで、猛烈に脳活性化。私も欲しい!
こんな単なる物質の集まりに、胸かきむしられるみたいに恍惚となっちゃう私って何?(アゲイン)
すっかりご機嫌かつリッチな気分になっちまったのでございました。←単純
オペラシティーって初めて入ったけど、文化的でなかなか良ございました。ついお茶なぞしてしまいました。

両展ともオススメです。お近くの方は、是非。

全然関係ありませんが、今回の発見は東京は「大気中の愛の濃度」の高い場所だということ。
あんちゃん&ギャルらはさておき、中高年、下手したら高齢者カップルのチャーミーグリーンな情景をやたらいっぱい見かけて感動。春だから?

なにはともあれ、やる気を再充填してもらった週末でした。


谷口吉生のミュージアム
6月26日まで@東京オペラシティーアートギャラリー(京王新線 初台駅下車)

福士朋子展「近くの現象学」
4月30日まで@art&river bank(東急東横線 多摩川駅下車)
[PR]

by chiori66 | 2005-04-24 19:21 | パノラマ・ロードムービー


<< オーバードライブ      ニキビレスの奇跡 >>