2005年 04月 29日

昔の恋人

a0011442_23171466.jpg昔使っていたわが2代目のMac、PowerBookDuoをひょんなことから久々に見た。
うわ〜、ちっちゃーい。可愛いー。あれ〜こんなんだったっけ?っていう妙な違和感。ディスプレイなんて今のiBookの12インチの半分くらい。これはこれでものすごくかわいいんですけど。
電源入れてみたら、おーちゃんと動いた。(あたりまえか)




すでに前世紀・1997年当時、「ノート型にすれば、中島公園のボートの上や芝生の上でも仕事できるのね。すてきー!」という安易な妄想から清水寺ダイヴで購入。
…でもリサーチ不足で、この時点ではMacにはPHSもくっつけられず、液晶画面で屋外では見づらく、ああ微妙に早すぎた感があり、妄想の実現にはやや遠いものがありました。(それどころかここ6〜7年、1度もボートに乗ってないし)

そうそう、私ってだいたい「○○導入すれば××できるかも。すてきー!」って、完璧イメージ先攻でインフラ整備にお金かけちゃうタイプ。で、実際はあんまり使わなかったりする。
これと旅グセがなければお金貯まるのに…(トホホ)。

開けてみたら、忘れかけていた懐かしいものが沢山でてきて楽しい気分に。古いソフトとか、書きかけの原稿メモとか、妙なアイコンとか。タイムカプセルを開けたみたい。
そんなに前のことじゃないのになぁ。
Netscapeなんて4.6で、一応ネットにもつながるからそこから試しに投稿してみようと思ったものの、恐ろしげな画面表示な上にチョー遅くて諦め。a0011442_23152612.jpg
←これ見て!ゴミ箱を空にするとクッキーモンスターが出てきて、♪Oh,I love flesh,I love it because it's fresh〜♪とバンジョー伴奏で歌います。(こういうのって、どこでダウンロードできるの?)

人は概して、通り過ぎてしまったコンピュータに対しては振り返らず、むしろ冷淡なものである。あんだけお世話になっときながら、人にあげる時は「いらんから持ってって、勝手に捨てて」みたいな。
私、こういうものが捨てられない性質なんだなぁ。だから使えないものがどんどん溜まる。でも壊れて動かないならまだしも、まだピンピンしてるのに単に過去の時間を生きているとか遅いとかの理由で捨てちゃうのもかわいそうだし。
高齢者の社会参加という視点からも、「老いてもなお現役」的な使い方があったらぜひ教えて下さい。

こうやって私たちは生きているあいだ、永遠にアップグレード地獄を彷徨わなければならないのだろうか。永久にバージョンアップしないで済むコンピュータがあれば、高くても絶対買うんだけど。もういっそ50年前の計算尺でいいんじゃないかと思う今日この頃。
(いや、諸行無常の響きあり、っていうのが逆に美徳なのかな…、この業界は。)
[PR]

by chiori66 | 2005-04-29 23:17 | つれづれ日々の泡


<< 早春メモ      オーバードライブ >>