2005年 06月 12日

脳味噌、スポンジ化。

ここのところ、寝ても覚めてもスポンジのことばかり考えています。
次に仕事をするクライアントがスポンジ屋さんだからです。
こういう時に、私に会う人は気の毒です。別に全く興味のないこと(例えばスポンジとか)について、ことあるごとにしつこくしつこく意見を求められるからです。
お隣の事務所のM田さんなどはもう心得たもので、私が「ねぇ、ちょっと聞いていい?」と切り出すと、イヤそうに「はいはいはい(また?)」と適当にあしらってくれます。




ごはんを食べている最中にも「あっ!わかった!いいこと思いついた!!」などと叫んでしまうと、実は頭の中はそのこと(例えばスポンジとか)でいっぱいで、ひとの話を適当にしか聞いなかったということが露呈してしまいます。
近くにいる人を捕まえては「これどう思うっ?」と試作品をムリヤリ使わせてみたり。
「もしあなたなら、これいくらまでなら買うか」とかリサーチ始めちゃったり。

以前テレビで松たか子のパパが、舞台が始まると日常生活でも役になりきっちゃってずっとハムレットになりっぱなし、みたいなことを話していたが、それにかなり近いかもしれない。一日のうちのどこからどこまでが仕事なのかわからなくなってしまう。
夢の中で考えているのも日当のうちに入っちゃうのか??ある意味、オンとオフが曖昧でいいかげん。辛い仕事の時は寝ても逃げられないからつらい。でもこうやって楽しいことを考えている時はいいなぁ。

あぁ、スポンジスポンジスポンジ…。
[PR]

by chiori66 | 2005-06-12 11:44 | つれづれ日々の泡


<< 見ちゃった。      「ほんに子守りも楽でねえ。」 >>