2005年 06月 26日

いよいよ発進!(か?)

a0011442_328048.jpgみなさま、先だっては「夢のバンド構想」にご参加表明いただき、誠にありがとうございました。やるぜよ!とか張り切ってメン募してみたのはいいのですが、約8割以上の方が遠距離で一体どやってやるんじゃらほい。みたいなことになってますが、まあいいか。札幌来た時やりましょうよ(河原とかで)。

で、一番実現しそうなのが、ウクレレユニット『ぽんぽち(仮称)』。でも楽器がない(笑)。
前述の子猫のママ父で、H氏こと・からし氏のご好意よりギターを借してもらえることになり(いやったー!)、どしゃ降りの中、氏の事務所まで取りに伺う。



からし氏の事務所、オフィスシェアでパーティションで区切られているスペースなんだけど、なんだかすごくガレージ感が漂ってます。本から楽器から工具からガラクタ(じゃないの?)から、この色々いっぱいある感じは、なにかしら共感するところがありますね。

ざっと見えるだけで3本のギターが。スチール弦とナイロン弦の両方からのチョイス可、とのことなので、弾いたことのないナイロン弦をチョイス。こっちの方がうまく聞こえそう(不純)。とかいってる間に、
あらら、ウクレレがいっぱい、出てくるわ出てくるわ。
あ、話題のアルマジロギターことチャランゴまである!確かにアルマジロで…ぽやぽやと毛まで生えてます。思ったより小さい。すごい、ヘンだ。なんでこんなものまであるんですか?!

からし氏は本業はグラフィックデザイナーなのだが、ウクレレ製作もされている。
食わず嫌いでバカにしていたウクレレであったが、試しに弾いてみたら、意外にいいっスね!軽いし小っちゃいし、なにより4弦しかないから押さえる箇所が少なくて楽ちん。(「そうだろう、そうだろう」とうなづく氏)
ウクレレを弾いてから普通のギターを持つと、ものすごくメカっぽく重い。一方ウクレレはアナログな道具感が漂ってて、音量もほどほどで身体と一体感があってグー。

ウクレレのみのユニットもいいかも、と考えを改め、図々しく「ウクレレも貸して下さい!」とおねだり。(貴重な品をすいません!)
とりあえずウクレレの曲は牧伸二の「♪あ〜ああやんなっちゃ〜った、あ〜ああ驚いた」しか知らないので、からし氏にウクレレ楽曲集を作っていただいて、それから方向性を決めるということに。PPM(Peter,Paul&Mary)のセレクションCDをもらう。
あーなんだか本当にバンドのミーティングみたいじゃないですか?!いいねぇ!

さて、自宅に帰って「ブロードキャスター」見ながらさっそくギターレッスン。イルカの「海岸通り」とストーンズの「You've Got Siver」を小野リサ気分で練習してみました。練習っていうか…気分だけですけど。
「海岸通り」コード進行が素晴らしい!よし、ウクレレで練習してみよう。柿の種効果で始めると止まらなくなっちゃうのよね。
・・・いや、今そんなことしている時間あるんだったか?私!
[PR]

by chiori66 | 2005-06-26 03:18 | だって好きなんだもん


<< 前世はマグロか?      おー、にゃんこ! >>