2004年 05月 17日

まともになる。

土曜というのに、不健康にも仕事で夜を徹す。
かなり久々に集中的にデザインの中の本来のクリエイティブな作業に脳を使う。Macを切って、ラジオをNHKのAM放送にあわせて、鉛筆を持つ。とりあえず何も考えないで紙の上に線を走らせる。マーカーのインクがたっぷり紙に染み込んでいく感じとか。うーん、かなり気持ちいい。
こういう感覚ってしばらく忘れてた。夜の静寂の中、心静かに無心状態で。澄みきってとても安定。いい脳内物質でてる感じ。

ヤワラちゃんも以前テレビで語ってたけど、自分の精神的なコンディションをどうコントロールして良い状態にしておくか。それで8割方決まってしまうような気がする。特に「淡々と言い訳も破綻もない普通にプロフェッショナルな仕事ぶり」っていうアティテュードがいつまでたっても身につかない私の場合。(提出前はいつもパニック!)
「だめだモード」の悪循環に入るときって、何か漠然かつ強烈な不安やら恐怖感やらに引っ張られて(締切りとか電話とか対人恐怖とか未来とか)、本来なら簡単にできることもできなくなってしまう。それって結局は、自分が勝手に作り出してる不安だったりする。その穴に落ちないように、細心の注意でバランスをとらないと。特に真夜中は。
日々平常心を保つのってムズカシイ。座禅でも組んで修練すればいいのかなー。(やっぱりスポーツみたい?)

でも今日みたいに純粋に没頭している瞬間はいい。とてもまともな人間でいられているような気がする。徹夜とはいえ、充実して清々しい。脳が覚醒して、ちょっと世界を祝福したくなる。
本当はこういう幸福な時間を少しでも毎日作れればいいんでしょうけど。(それがなかなかできないんですよねぇ。)
[PR]

by chiori66 | 2004-05-17 14:15 | つれづれ日々の泡


<< 突然、謝辞のべたくなった。      プチ蒸発な午後。 >>