2004年 05月 31日

なぜかF1

さっき何気なくテレビを見ていたら、F1が始まった。
F1といえば私にとってはバブル期の記憶。セナ、プロスト、マンセル、中島悟、ちらっとアグリ、みたいな。新卒で勤めた会社は結構クレイジーで、当時社内は一大 F1ブーム、仕事そっちのけで盛り上がっていた。結果全然興味のなかった私までもが日曜深夜のフジテレビを見ることに(テーマ曲byTスクエア)。でも正直あんまり良さがわかんなかった。わかんないので、そのまま競技の存在すらともすると忘れがちに10数年。

その時はわかんなかったんだけど!久々に見てみたら、F1結構おもしろいな〜。
まず流暢な英語で記者会見してるカッコイイ東洋人、この人誰?香港人?と思ったら、佐藤琢磨なんて日本人レーサーいたんですね。全然知りませんでした。なんせ「ねー片山右京ってもういないの?」ってなくらいだから。レーサーも今どきはこんな軽やかさなのね。暗さみたいのがないもん。シューマッハもまだ勝ち続けてる!びっくり。すごいねぇ、この人。すっかり貫禄ついちゃって。相撲同様、あんまり強すぎるのもつまんないけど。
でも今回は前述の佐藤が予選2位の快挙ということで、打倒シューマッハも夢じゃないかも!と司会者もエキサイトしている。ついさっきまでそんな人がいるのも知らなかったくせに、おねえさん思わず日本人として応援しちゃうわ!
しかし私にとってのおもしろさのツボは、「ピットでスタッフがありんこのようによってたかってあたふたと部品交換する感じ」とか「広告やロゴのヨーロッパ的な大人なグラフィック感」とか「リタイアしちゃうと貴族出身かなんかのオーナー社長(そんな人いない?)からがっつりヤキが入ったりするのだろうか」とか実はレースと全然関係なかったりする。それどころか「あーこの音うるさい、なんとかしろ!」「そんなジグザグに走ったら危ないじゃん!」とかなりトンチンカン。F1の本当のおもしろさっていったい何なんだろう。知りたい…。
(中略)
これ書くのに10分くらい目を離しているスキに、佐藤琢磨リタイアしちゃった!!あー残念。次回に期待!(…かといって次回も見るかっていえば、多分見てないでしょうねぇ。次回はまた10年先?)
あ!日本ダービー、見るの忘れた!!
a0011442_21819.jpg

[PR]

by chiori66 | 2004-05-31 02:19 | つれづれ日々の泡


<< よ〜く考えよう、お金は大事だよ〜♪      ちゅん、ちゅん、ちゅん >>