2006年 06月 01日

花に見とれる。

a0011442_1264367.jpg

事務所前の栗の木の下に、今みごとな牡丹が咲き誇っています。
華やかだけど清潔、繊細だけど強く。
自然の造形には全くもって感服。花は本来、見られるために咲いている訳じゃないのに。
もうじきはらはらと散ってしまう日が来るのだろうけれど、しばらくはこの小さな奇跡に見とれ惚けていたい気分です。
[PR]

by chiori66 | 2006-06-01 12:04 | つれづれ日々の泡


<< いまだかつてない      串ヤスが燃えた。 >>