責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 03日

動く大観さんを見た!

a0011442_0225193.jpgたぶん誰も見てないと思うけど。
たまたまついていたNHKの「映像ファイル・あの人に会いたい」という10分枠の番組で、亡くなる2年くらい前の横山大観のインタビュー映像を偶然観る。

横山大観(1868〜1958)といえば東京美術学校(現・芸大)の第一期生としても知られる近代日本画の巨匠ですが、そんなお方がテレビで喋っている映像が残ってるとは知りませんでした。




話は美術学校の初代校長・岡倉天心の思い出や「朦朧派」の由来などなど。この時点で多分80代後半。
最初はおとなしくしていた大観さんも、話が興に乗って来たあたりから饒舌に。「爺さんいい味出してるわ〜」。

その中で印象に残ったのが、「芸術は人(=人間性)だ」というような言葉(原文忘れた)。
私みたいに、芸術性の精進はサボって年がら年中人柄の鍛錬ばっかりやってるのもナンですが(もうそこにしか活路を見いだせない!っていうのもあるけど)、勇気が湧く言葉ですね。

年寄り好きの私としてはかなりそそる超レア映像。日本画とテレビというミスマッチもさることながら(テレビ放送黎明期って近代と現代がぎりぎりリンクしてた時代かも。さすがNHK!)、
あの画をあの人が描いてるのかぁと考えると親近感とともに俄然興味が湧いてきました。
偶然のチャンスがあれば是非観てください。YouTubeとかに出てないかな…(な訳ない)。

ところで大観さん、誰かに似てると思ったら、デンマークの家具デザイナーポール・ケアホルム。二人とも相当かなり飲んだらしいし、この手の顔は国籍を問わず酒豪系なのでしょうかね…。(いや、似てるのは髪型だけ?)
[PR]

by chiori66 | 2006-07-03 00:23 | つれづれ日々の泡


<< 『栗の木通信』、始めました。      ホームページを作ってみました。 >>