責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 27日

切りキズ、最終兵器?

慣れたカッター作業中、すぱっときれいに親指の皮の表面だけを切ってしまった。いちばん厄介な切り方だ。
今週はこれから作業が沢山あるのにどうしよう…。

大して痛くはないのだが、なかなか血がとまらない。とりあえず指の関節を圧迫して心臓より高く上げて待つことしばし。
待っている間することがないので、ネットで応急処置法を調べてみた。とにかく早く治す方法!調べて行くうちに目にとまったのが、「傷が3倍早く治る」バンドエイド

3倍。
数字で示されると説得力あるなぁ(プレゼンの基本)。1週間かかるところが2日半で治るってこと?




説明を読むと、切り傷から出る体液(治そうとする成分が含まれている)を密封させて閉じ込めて自然治癒力を高める、というような理屈らしい。湿潤創傷治療(モイスト・ウンド・ヒーリング)というらしく、傷は「乾かしてかさぶた」じゃなくて「湿らせて治す」のだそうだ。

うへー、気持ちわりぃ…。切り傷の何がいやって、バンドエイドを貼っておいてガーゼ部分に傷がくっついて、おまけに水仕事でふやけていつまでもくっつかないあの感じ…。
しかし、今どうやったってそれ以外早く治す方法が見当たらないなら、ダメもとでやってみるかー、と購入。しかしながら、絆創膏ごときに約800円。た、高けぇ…。

さっそく試してみました。

箱を開けたところから、ただならぬ雰囲気。一枚一枚の梱包が厳重。英語表記が、最新医療っぽい(イメージイメージ)。
普通のバンドエイドを想像していたら、肌色のシリコンの厚手のテープみたいな感じ。ガーゼ部分がない。説明書通りに、傷を水洗いしたあとバンドエイドを手であたためて密着、完了。

貼って20分もしないうちに、うっすら透けて見える傷口に白っぽくゲル化した成分が密着しているのがわかります。
従来の絆創膏と全く違う発想に、なんだか、効きそうな気がしてきました!

ちなみに最長5日間は貼りっぱなしOK、水仕事・お風呂もOK。傷が露出していないだけでも日常生活には便利。

さて、本当に「3倍」早いのか、なんだか楽しみになってきた!(怪我の功名?)
[PR]

by chiori66 | 2006-08-27 23:45 | つれづれ日々の泡


<< ダブル茶柱      ラビッコちゃんと私 >>