2007年 04月 26日

私みんな気づいてしまった…

「しあわせ芝居」って歌謡曲があったのご存知です?

中島みゆきが作って桜田淳子が唄った1977年のヒット曲なんですが、(うわー、古いね)
この曲は私の頭の中のiTuneに永久保存されていて、ことあるごとにふと思い出されるのです。




そういう曲は他にもあります。
例えば、石川ひとみの「まちぶせ」(by荒井由美)とか、河合奈保子の「けんかをやめて」(by竹内まりあ)とか。あみんの「待つわ」(by本人)とか。

なぜ記憶に残るかっていえば、このあたりの曲の描かれている主人公像の「かわいいふりして、わりとやる」的な恐さというか。
私的分類としては『業(GO)深ソング』というジャンルなんだけど、
そこまで教えてくれなくても!そこまでえぐり出さんでも!というところまで書き切っちゃう痛さと違和感ゆえでありましょう。

桜田淳子ちゃんソングの場合は、業メラメラというよりもっと消極的、善良なお嬢さんに降り注いだ寒々とした気の毒感が際立っているのですが…。

*     *     *     *     *       

今日私は強烈に淳子ちゃんにシンパシーを感じることがありました。

とある会社の社長さん。
ややしばらくコンタクトなく、しかしまぁ微妙に繋がっているといえなくもなく、
放置されて久しいある懸案について、意を決して電話してみたところ、

ここ数回、毎回連絡取るたび同様、

「今ちょっと来客中なんで…」。


そんなに来客の多い会社なんでしょうか。
そんなに来客多いんでしょうか!
そんなに多いんでしょうか!!!



そのとき私の頭の中のiTuneが高らかに鳴り響いたのです。

♪わーたーしー、みんな気づいてしまった、しあわせ芝居の舞台裏
電話してるのは私だけ、
あのひとから来ることはなぁーい〜♪


…寒い。


考えてみたら私、仕事で結構「しあわせ芝居」多いかも…?

でも、もうちょっとだけあなたからの電話を待つことにします。
こうなりゃ意地です。まちぶせです。淳子、負けません。


書いてて気づいたけど、上記の楽曲、奇しくもニューミュージック(死語?)の女帝3人の手によるものなのね。さすがだわ。
[PR]

by chiori66 | 2007-04-26 00:59 | つれづれ日々の泡


<< こどもの日の奇跡      「とうめいのかたち展」始まりました。 >>