責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 18日

ロックアウトな午後

昨夜、仕事場に車を置いて高校時代の友人らとものすごく久しぶりに気分良く会食し、毎朝走っているという友人に触発されて今朝はとても気分良く家からてくてく歩いて出勤してきたところ(徒歩約40分)、

事務所の扉の前で、はたと鍵がないことに気が付いた。家に忘れてきてしまった。

仕方ないから家までもどろうと思ったら、はたと今日は家には誰もいないことに気が付いた。鍵束がないから家にも入れない。

困った。

仕方ないから今日は別なことをしようか、行かなきゃと思っていたところがあるからそこを訪ねようか、と思ったら車の鍵もない。

じゃ美術館に自転車で行こうかな、と思ったら自転車の鍵も一緒だ。

なんだ、マジ行くとこないじゃん!むう〜。
気分は家なき子。

じゃこの状況で何ができるかなと思うと、とりあえず弁当を食おう。ということで、お隣の事務所にお邪魔して、持参したお弁当を食べてみた。
鍵は忘れても、弁当は忘れず。人生に対する正しい姿勢である。

しかし「やれることがない」ということは、逆にいうと「やれないこと以外は何やってもいい自由」ってことなんだなーと思うと一瞬とてもウキウキした。おめでたい。

んでもって、隣の事務所でこれ書いてます。なんか無為だわ。

教訓:合い鍵くらいは作っておこう。
[PR]

by chiori66 | 2007-08-18 16:51 | つれづれ日々の泡


<< 電気つけないと死ぬぞオバさんの怪      近代美術館、2回目のワークショ... >>