責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 22日

球子、果つ。

日本画家の片岡球子さんが亡くなられた。享年103才。

ビックリするような強烈な画風は、知っていながら見る度ビックリする。恐い。
あの年齢で、生涯あの円くならないアヴァンギャルドさ。凄い。

好きか嫌いかと問われれば、「えーと、わからないけど、すごいと思います」としか答えられないくらい超越したものがある。とにかく圧倒されるパワーに敬意を込めて、勝手に「球子」と呼び捨てにさせていただいていた。

なんせ球子は、札幌出身である(円山公園の入口付近の、結婚式場か高級レストランのあるあの辺りにお屋敷があったらしい)。しかも女子美卒
おお、あたしったら直系の大後輩じゃないの!(大なのか小なのかよくわかんないけど)

女子美術大といえば、実は日本で芸大に次いで古い美術学校で、戦前は本郷菊坂の(不良)お嬢様学校。
2000年に100周年の同窓会みたいのがあってたまたま出席したところ、かなりご高齢の大先輩にも、魔女めいたファッションに謎の帽子で煙草スッパスパの不良婆ァがちらほらいらして、
いやーさすが女子美、と妙に感心してしまった。
在学中は退屈な学校だと思ったけど、諸先輩方のパワフルさは、今となってはむしろ誇らしいほどである。

球子と同世代である三岸節子さんも、やっぱり女子美の大先輩。旦那が札幌出身で、私、高校の大後輩。
これ見ると、なんだか椎名林檎みたいでカッコいいな。

私にとっては作品よりも、
「一体いくつなのかわからないけど、まだ球子は生きていて、そして描いている!」という事実そのものが痛快に思えていたのだった。
103才だったとは驚いた!この長寿も天晴。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by chiori66 | 2008-01-22 01:47 | つれづれ日々の泡


<< 感動した!      馬萌え。 >>