2008年 01月 28日

冬が好き。

連日、真冬日です。大雪も降りました。
毎日雪かきごくろうさまです。

さてカミングアウトしますと、
秋の残り香も春の気配もない、純度100%冬のど真ん中のこの時期が大好き。

こないだの土曜日もすすきのを通ったら、ものすごく飲み会の似合いそうな寒さでした。
(日本酒・焼き魚・鍋→外に出る→寒くて酔いさめる→また飲む、の永久ループ)

この時期の雪は、感動的に美しいし。

最近のデザインや建築は、やたらめったらとりあえず白だけど、
この「白」という色・雪の作る抽象的なかたちが、自己形成にどんな影響を与えてきたのか、北海道人にとっての白の意味をちょっと考えてみたい今日この頃。

年に一度の風景リセット効果は、確実になにか影響してる気がする。
私の中で白は「暖色」かな。雪が積もりだすとホッとするし、暖かい気がするので。

あと、「寒い」「雪が多い」は、北国の人にとっては誇りみたいなニュアンスがあるように思いますが、いかがでしょうかね?(寒い!雪かきが大変!っていう話題をする時、みんな結構うれしそう…)
[PR]

by chiori66 | 2008-01-28 01:00 | つれづれ日々の泡


<< 禁断のポテトチップス      感動した! >>