責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 08日

お仏壇をつくる。

a0011442_1958107.jpg

親しい人のために、お仏壇を作りました。

人生2度目のお仏壇のデザイン。
製作は石狩当別のマエストロ・木工房樹喜舎の小林名人。

注文主のオーダーは、仏壇っぽくなく『コンテンポラリーに』。

とはいえ、今どきのモダン仏壇はやりすぎで空間に悪浮きするので、
故人好みなモダンだけど上品なテイストを目指してみました。

材料は、故人の好きなチェリー系・日本の山桜で。ゆっくり濃くなる予定。

小林名人が、最高にいい仕事してくれました!
ひとつひとつ検討しながら作るという、最高に幸せなプロセスも体験させてもらえて、楽しかった〜!

写真(by N先生)ができてきて嬉しくなったので見せびらかします。





a0011442_19584527.jpg
a0011442_1959121.jpg

インテリア(※注文主曰く)は、可動式で色々対応。左右対称になると、とたんに仏壇っぽくなる不思議。
a0011442_19592219.jpg

小林名人渾身の角アール!もう二度とやりたくねー!だそうです。やってよー。
a0011442_1959507.jpg

扉のキャッチも木で素敵なのを作ってくれました。
a0011442_200970.jpg

天井のお星様(銀玉製)は、故人の好きなルネッサンスの天井画からヒントもらう。コペンハーゲンの夏の夜空。木目が銀河風。星をつけただけで天井がぐんと高くなった気がするのは、おそらく気のせいでしょうけど…。


しかし、こんなデザインで果たして大丈夫なんだろうか…。仏壇っぽすぎるだろうか…。とドキドキしながら納品。

で、故人の描いた絵にちなんだ木製の花のオブジェ(私謹製)を隠し玉として忍ばせていったところ(ここまでしちゃってもいいんだろうか…?と躊躇して)、「こっちの方が故人っぽい!」とむしろ大好評。位牌なんてとっちゃえー!という勢いになり、一同盛り上がる(おいおい)。お客さんの前衛性に驚く。

置いてみたら、かなり『コンテンポラリー』に?というか可愛すぎる!(…けど、お坊さんの来る時は隠しといてね。)
a0011442_2003523.jpg


最後まで緊張するので特注が苦手な私でしたが、喜んでもらえると、やっぱ特注もいいものです。
お客さんの顔を見られる仕事に、こちらも久々にしあわせ感をもらいました。
ああ、また仏壇作りたい!(笑)
[PR]

by chiori66 | 2008-07-08 20:22 | つれづれ日々の泡


<< わくわく★建築教室      トークライブだ、PERAPER... >>