責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 18日

ギターの神様、死去

a0011442_2305654.jpgところで、レス・ポール氏が亡くなったらしい。

アメリカで最長寿のギタリストにして、多重録音の発明者&ギブソン社のエレクトリックギター「レスポール」の生みの親、享年94歳。
何年か前にアメリカのなんとかアワードでゲストで出ていて、大物ミュージシャンに囲まれてお茶目なギター爺さんぶりを発揮していて、「うわー、まだ生きてるんだ!」とびっくりした。

たまたま中学生の頃に、家のレコード棚の中にレス・ポール&メアリ・フォード(奥さんで歌手)の50年代頃?のレコードがあって(おそらく父の青春所有物)、レス・ポールの超絶ギターとメアリ・フォードのボーカルが大好きで、なぜかそれにハマりまくって聴いていたのだった。おそらくおこづかいが足りなくてレコードが買えないので、とりあえず家にあるレコードを聴こうと思ったのではないかと思われる。

それで当時は、「高校に入ったらジャズ研に入りジャズボーカル・デビュー」を密かに妄想し、そのためにはスタンダードナンバーを予習せねば!と、「世界は日の出を待っている」とか「バイバイブルース」とか一生懸命英語の歌詞を暗記したのだった。おかげで英語の言い回しは色々覚えたが、高校には入ったものの、引っ込み思案とあまのじゃくで結局ジャズ研には入らず、妄想シンガーデビューもせず。あれれ?なんだったんだ、あれは?

しかしながら、訃報を耳にして懐かしくなりレス・ポールの軽快な音楽を久しぶりに今聴いてみても、カタカナインチキ英語歌詞が自動的にスルスル出てくるから驚いた!中学生の記憶力、おそるべし。それなら当時もっと別の勉強しとくんだった。
そして超速弾きだと思っていたレス・ポール氏の演奏は今聴くとのんびりと聞こえる。古き良き、っていう感じでハッピーです。トムとジェリーっぽいというか。(そうか、よく考えたらカントリーなんだね、これ!)
こちらで試聴できます。

天国ステージで、思いっきり弾きまくってください。
[PR]

by chiori66 | 2009-08-18 23:20 | つれづれ日々の泡


<< 本日のバカ猫      クリニック,オープン!&講演会... >>