責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 23日

疋田豊治とガラス乾板写真

a0011442_29549.jpg

北大総合博物館でやっている「疋田豊治 ガラス乾板写真展」をようやく観に行きました。

疋田豊治教授は、現在で言うところの北海道大学水産学部で明治末期から昭和初期に教鞭をとり、その間に6900枚ものガラス乾板写真を撮り北大に残しました。その一部を公開し、疋田写真を概観する初めての試み。

面白い。何とも言えず、魅力的。
研究用の魚類の写真、風景写真、人物写真ほか、疋田先生のフィルターを通して、それらに単なる記録以上のものがにじみ出ています。
特に、1937年の自身の肖像写真には強烈に引きつけられました。(展覧会ホームページ参照)
人が存在することっていうのは、古くならないんだ(たとえその人がもういなくても)。と、ハッとさせられるまなざしの静かな強さと深さ。残した写真に写り込む絵心と遊び心。それらを生み出す魂が画像として焼き付けられた肖像の不思議。
写真ってすごい。

会期は本日11月23日16:00まで。
お近くの方、ぜひ観に行って下さい。北大総合博物館も超おもしろいですよ。

思わず足を止めるグラフィックデザインは畠山尚さんの手によるもの。こちらも秀逸です。
[PR]

by chiori66 | 2009-11-23 02:11 | つれづれ日々の泡


<< 天にある永遠の家へ      og、再始動! >>