<   2004年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2004年 09月 28日

仔猫もらってくれませんか。

a0011442_23193873.jpg
知り合いのうちに猫が生まれた。生後1ヶ月、フルセットで6匹。まだ手のひらサイズ。
去年・今春・この夏と、どんどん増えて今や総勢10匹。家中猫だらけで踏んづけそう!
可憐な顔した親猫はかなりヤンママ入ってて、手をほどこす間もなくお腹が大きくなってしまうそう。
それにしても、可愛すぎ〜!かわいすぎて食っちまいたい!
ふにゃふにゃ、ぴょんぴょん、じゃれたりはしゃいだり。ときどき「ニ〜」と鳴く。
あまりの可愛さに、2、3匹かばんに入れて連れて帰りたいけど、うちの年増のバカにゃんこは若いのと相性悪いこと確実なので断念。

札幌近郊の方でどなたかもらってくれる人いませんか?本気で里親探してます。トイレのしつけ済み・農家育ちで性格よし・ノミダニの類いなし(飼い主が毎日猫に掃除機かけてるので)。超かわいいこと折り紙付き。猫のいない生活なんて!
[PR]

by chiori66 | 2004-09-28 23:22 | だって好きなんだもん
2004年 09月 27日

日曜日の憂鬱

今日は日曜日だった。
しかしそれにしても単調だ。同じ朝、同じテレビ、同じ遅い朝食、ああもうお昼か、洗濯して、買い物に行かなくちゃ、同じ遅い午後の倦怠感、同じ夜の罪悪感、無意味な夜ふかし。
まるでデジャヴかリピート再生のように、延々と同じ日曜を繰り返している気がする。
日曜日といえば「楽しい」の象徴みたいにいわれる曜日だけど、
今朝とつぜん気づいた。日曜は別に楽しくはない。「日曜はダルい。」

More
[PR]

by chiori66 | 2004-09-27 02:06
2004年 09月 24日

『日経フリマ』創刊号

a0011442_11372832.jpg友人らと札幌で最大級の中島公園のフリーマーケットに出店しました。
自分で言うのもなんですが、こう見えて私かなりフリマの才能あるんですよ。知られざる「商人(あきんど)魂」に自分でも感心してしまいます。前回春のフリマでは「FAX用ロール紙の芯をも売った女」という 伝説も作ってしまいました。

我々の店のコンセプトは「プロショップ」。
通常のフリマ商品の他に、使わなくなった道具とかトレペとか木やアクリル・金属・布やなんかの材料の端材とか 使い残したカッティングシートとか、要は事務所にいっぱい余ってるけど使わないほとんど産業廃棄物寸前のものを商品にしてしまう。フリマ版東急ハンズ。マーケティングが的中し、50〜60代のおじさん層を中心としたDIY系の男性に人気。かなり変な店です。

More
[PR]

by chiori66 | 2004-09-24 11:36 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 22日

パシャ!

a0011442_0132710.jpgこないだ中やっていた仕事の写真を、いつもお願いしているN先生に撮ってもらう。
毎回撮影では、目で見ている画像がいかに主観的か思い知らされます。イメージを言葉で伝えるのって「もっと右、そこそこ」とか背中掻いてもらうのにちょっと近いかも。難しい。でもやっと「ああやってください」「こんな感じで」とか、前よりちょっと上手く伝えられるようになったかな。
愉快なN先生と撮影現場に行くとずっと漫談になっちゃうんだな。
今後ともよろしくおねがいします。
[PR]

by chiori66 | 2004-09-22 00:12 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 21日

倒木を悼む

a0011442_0452723.jpg
ニセコの家の裏山に台風の被害を見に行った。
札幌からの道々も、痛々しいほどのたくさんの木がマッチ棒のようになぎ倒されいるのが見えた。全く被害のない場所もあれば、大量の倒木が不思議な流れをつくっている林もある。風の通り道なのだろうか。

さてニセコの湿地帯の雑木林の中は思ったほどの被害ではなかったが、それでも所々折れたり倒れたり、飛んできた小枝が散ったりしている。
沼地の中央に生えていた一本のヤチダモが、文字通り根こそぎ倒れていた。直径40cm以上はあるだろうか。足元を流れる小川と沼の水を吸って、かなりの高さにまっすぐ伸びていたらしい。それがそのまま真一文字に、林の中に横たわっている。
ぎっちりと身の入った重い樹であることは、その堂々とした存在感からも一目でわかる。
むき出しになった巨大な根は意外なくらい繊細な編み目をなしており、今までに水と一緒に吸い込んできたらしい小石や、どこからやって来たのか藍色の陶片までその編み目の中に取り込まれていた。

さてしかし、この木は死にかけている。
倒れた象をどうしてやることもできないように、この木もゆっくり死ぬのを待つだけなのだ。

More
[PR]

by chiori66 | 2004-09-21 00:58 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 18日

音楽的知性とは

今、仕事場のお隣さんのピアノレッスンルームで、発表会の最後の練習をしている。
大人の多い教室で、演目もショパンとかピアソラとかラフマニノフとか
ガンガンにテクニカルな曲目が続く。(フォルテッシモで!)
みんなすごいうまい。びっくり。
それにしても不思議に思うのは、音楽ってなんなんだ?(いやはや根源的すぎますな)

More
[PR]

by chiori66 | 2004-09-18 17:39 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 17日

デザイン・だめモード。

煮詰まっている。
もう半年もそのままになっているデザインの宿題がある。ヤバい。
いや、決してそのままになっている訳ではない。スケッチはバサバサといっぱい描いている。進むべき方向もはっきりイメージできているのだが,どうもかたちに着地できない。力入りすぎちゃってかえって考え過ぎの悪循環モードに入っちゃったというか。いい加減,気長なクライアントからすら三くだり半のFAXが流れてくるのではないかと…。うう。

パッと瞬時にできるか、ものすごくしつこくねちっこく考え抜いてやっと出来上がるか(しかも時間で切られて),いつもその中間の「ほどほど」がない。まがりなりにもプロなんだから「適度にほどほどかつ3割バッター」的安定感というのがあるべき姿のような気がするが。(こんなこと告白しちゃうと営業的に差し障りありますかねぇ?)
いずれにしても結果としての見えがかりは、いじくり回してもひらめきでも悲しいかな結局いっしょなのだ。むしろ苦労して捻り出したものより、パッと出来たモノの方が概して評判がよろしかったりする。「伊藤さん、なるべく考えないで!」って言われちゃうのも情けないよなー。

More
[PR]

by chiori66 | 2004-09-17 02:22 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 14日

ぎょっとするほど?

ときどき、このブログのアクセス数が突発的に増える日がある。
いつもの2倍とか、3倍とか。そして次の日はまたパタッともとに戻る。
天気がいいからとか?気温が高いからとか?どこの会社も暇な日とか?
たとえば昨日も。嬉しいことは嬉しいんだけど
なんでだろ〜なんでだろ〜。
[PR]

by chiori66 | 2004-09-14 01:45 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 11日

エブリデイ・マイ弁当。

a0011442_2534945.jpg
今日のお弁当が珍しく充実した出来だったので思わず。(とはいえ半分は昨夜の残りですな)

●紅ジャケの焼いたの
●ほうれん草のおひたし
●南瓜とあずきの甘煮
●さつまいもの酒煮
●そうめんかぼちゃとツナの和え物※
●五穀米白ごまがけ×紀州梅
○番茶

基本的にお弁当持参なのだけれど、ご飯がなくてかなり変なメニューになってしまう時もある。
そうめんとか。焼うどんとか。材料で持って来て現場でアッセンブリーだけやるサンドイッチとか。お好み焼きっていうのも。
しかしなぜお弁当にはあんまり極端にハズレがないんだろう…と考えてみたら、それもそのはず。自分で作るんだから嫌いな物が入ってる訳ないじゃん!

※「そうめんかぼちゃ」、面白い野菜です。
かぼちゃのくせに茹でてほぐすとシャキシャキしたそうめん状になるのです。
水菜に続いて将来きっと来ますよ、居酒屋メニューで。注目!
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/A2003/Kinshiuri.htm
[PR]

by chiori66 | 2004-09-11 02:54 | つれづれ日々の泡
2004年 09月 08日

私が悪ぅございました@台風18号(LIVE)

ちょっと反省しているのです。a0011442_15482190.jpg
全国に甚大な被害を巻き起こしてロシア領土方面に去っていった台風18号。
これって私が調子よく浮かれて
「わ〜い!台風1号見ちゃった!」と災害を祝福したせいなんじゃないかと。
2号も3号も見たい♥なんて願っちゃったからなんじゃないかと。
お天道様、ごめんなさい。
私の仕事場の隣の建物も、こんな事になってしまいました。
紙のようにトタンの外壁がはがれて、ひらひら舞って、がしゃーんと落ちました。
その様子、ほとんどドリフのようでした。
こわ〜〜@◇@

北海道における台風被害のびっくり写真集
http://jyoho.hokkaido-np.co.jp/typhoon2004/index.php3?skip=0
[PR]

by chiori66 | 2004-09-08 15:47 | つれづれ日々の泡