責任者をだせィ! on the web

kipple.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 26日

笹刈り

a0011442_16422456.jpg

クマザサとの終わりなき戦い再開。
林の中の笹を刈ると、光が届いててきめんに下草が育ち始める。クマザサには悪いけど、健気に伸びてる実生ちゃん応援のため。
森いじりは楽し。
[PR]

by chiori66 | 2011-06-26 16:42 | つれづれ日々の泡
2011年 06月 23日

IFDA展、開催中です。

a0011442_13233641.jpg

6月26日(日)まで旭川市科学館サイパルで開催中です。
会場は白に木の色が映える爽やかな空間になりました。
ただいま入賞者プレゼン中。大盛況です!
[PR]

by chiori66 | 2011-06-23 13:23 | つれづれ日々の泡
2011年 06月 21日

IFDA国際家具デザインフェア旭川2011、開催!

a0011442_3165175.jpg

いよいよ明後日から、IFDA国際家具デザインフェア旭川2011が開催されます!

今年は、木製家具の産地である北海道・旭川市で3年に一度開催される国際家具コンペの年。1990年から始まって、すでに8度目21年目を迎えます。

今年はご縁があって、ディスプレイデザイナーの千葉淑子さんと共に、入選作品展の会場デザインを手がけることになりました。いよいよ設営です。
初めて使う材料で空間を構成します。さぁどんな感じになるかドキドキです。

この時期の旭川はデザインイベント見所満載です。6/22(水)〜6/26(日)まで。
詳しくはこちらをチェックしてくださいね!
[PR]

by chiori66 | 2011-06-21 01:00 | 業務連絡
2011年 06月 10日

ポンチ絵、ふたたび。

ポンチ絵でふと思い出しました。
世の中には製造系ポンチ絵が充満し、炸裂し、不吉なまでの妖気を放っている業界があります。
それは「特許公報」の世界であります。

ご存じの通り、特許業界は全国の発明家の舞台。この煩雑な申請手続きの中には発明部分の図示も含まれます。
「ポンチ絵」という言葉にはどこかしらのんきで牧歌的な響きがありますが、特許の説明図はなぜかオドロオドロしい雰囲気のものが多いのです。

さて発明家といえば、「ドクター」の異名で知られる日本を代表するあの先生は、「目形メガネ」「人メディア」「ピラミッド装置」から「頭を活性化するキャンディーなど食べ物」まで、実に摩訶不思議な発明を多数申請されています。
そしてそれらに添付された図は、もうポンチ絵を超えた「超ポンチ絵」とでも言うべき世界。本来説明図では伝わらないはずの何かまで伝えてくれます。じっと見ていると末代まで呪われそうな…。怖い!

ご興味のある方はぜひ特許電子図書館へ!
[PR]

by chiori66 | 2011-06-10 01:39
2011年 06月 06日

ポンチ絵の謎

「ポンチ絵」って知ってますか?

先日、一緒に仕事をすることになった若い友人と。
デザインのイメージをざっくり知りたかったので、
「じゃ、ポンチ絵みたいのでいいからデザイン送って」と言ったところ、
後日「ポンチエってポンとでた知恵、みたいな意味かと思ったよ」との返答。
ああそうか、ポンチ絵ってあんまり言わないかも、と思って調べてみたら思わずハマってしまった。

考えてみたら今まできちんと確認した事がなかったが、私の解釈による「ポンチ絵」というのは、ちゃんとした図面とかでなくていいから、イメージの概略だけ伝える時にささっと描かれたアイデア図みたいなもの。芸術性・絵画性はゼロで結構。
私がこの言葉を知ったのは、製造の工場や土木建築関係のオジサン方がよく使っていたからで、てっきり現場用語なんだと思っていた。(実際、現場用語なんだと思うけど)

「とりあえずポンチ絵でいいからFAXしといて」はよく言われる決まり文句のようなものだが、
このニュアンスには「きちっと図面描かなくていいいから、とにかく雰囲気だけ教えて」という感じがあるように思う。
(ポンチ絵にはメールじゃなくてFAXが似合う。それも埃かぶった感じの)

ざっと見積もりを取る場合とか、こういうの作れるかどうかの確認とか、とりあえず急いでラフに結論がほしい場合には役に立つ。
そして製造業の方々は優秀なので、ポンチ絵レベルでも結構モノはでき上がってしまう。

実際、現場レベルでのポンチ絵はどんなものかといえば、こんな感じ。
ちなみにこのサイト、素晴らしい。

つづきはこちら
[PR]

by chiori66 | 2011-06-06 00:31 | つれづれ日々の泡